ものこと双発学会 2017年度 年次研究発表大会

2018年3月24日 東京理科大学 PORTA神楽坂にて、ものこと双発学会 2017年度 年次研究発表大会が開催されました。
IPLoungeから以下のメンバーが発表を行っています。


加藤 大暁、沙魚川 久史
A3「人工知能のビジネス応用プロセスにおける考察~知財による模倣排除性の検証~」

佐藤 智文、竹内 均、沙魚川 久史、関 孝則
D1「デジタルトランスフォーメーションによる機能性の拡張と価値の形成-産業データの視点から-」

竹内 均、佐藤 智文、沙魚川 久史、関 孝則
D2「デジタルトランスフォーメーションによる機能性の拡張と価値の形成-消費者データの視点から-」